2006.10.19

パン屋-Boulangerie La fontaine de Lourdes

今日は、近所にオープンしたパン屋さんに行ってきました。
こじんまりしたかわいいお店で、あったい雰囲気です。
今日はオープン当日ということもあって、行った時は
ほとんど売り切れで、もう3種類しかなくて。。残念。。
レジの所にはたくさんの種類の札があったから、
今度は早く行ってみなきゃねッ。
もっちりしていておいしかったです♪
他のも早く挑戦したいナァ。
パン屋さん情報、載っけておきます(^^)

 "Boulangerie La fontaine de Lourdes"
  営業時間:10:00~18:00 
  定休日:火・水
  アクセス:札幌市中央区宮の森4条12丁目10-1
  TEL/FAX:(011)616-2320

ふゥ…今日はちょっと調子が良くなかったかも。。涙。
なんか知らないけど…まぶしくて…。
まァあんまり気にするとひどくなりそうだしネ。。
良くなることを願って頑張るのみーッ。

| | コメント (3)

2006.04.10

模様替えしましたッ

勉強もせずに…
ブログの模様替えに熱中。。

なかなか難しいかったのですが、これがまたおもしろいッ。
カスタムCSSの編集がうまくいかなくて、苦労している人も
多いんじゃないかなと。。
ところが、簡単にできてしまうんです。
もちろん自力じゃありません。
たぬきのしっぽ”さんにお世話になりました。
ここのサイトを利用させていただくと、
すっごく簡単に、編集が完了ッ。

ぜひお試しあれ♪

…どんだけ暇人してるんだろ。。

| | トラックバック (0)

2006.04.09

外国語入力の設定方法

特に何もない1日。。

あ、今日パソコンでチェコ語を打てるように設定しました。
まだチェコ語全然わかんないケド…。。
じゃァ今日は、日本語Windows XPでの外国語化について説明。

1.「コントロールパネル」を開きます。
2.「日時、時刻、地域と言語のオプション」をクリック。
3.「地域と言語のオプション」を開きます。
4.「言語」タブをクリック。「テキスト サービスの入力言語」の
  「詳細」ボタンをクリックします。
5.「テキスト サービスの入力言語」ウインドウが開きます。
  「インストールされているサービス」の「追加」ボタンをクリックします。
6.「入力言語の追加」ウインドウの入力言語のプルダウンメニューから、
  希望の言語を選びます。OKボタンをクリックします。
7.「テキスト サービスの入力言語」ウインドウの「基本設定」
  の「言語バー」ボタンや「キーの設定」ボタンをクリックし、
  お好みの設定にします。
8.OKボタンをクリックし、再起動します。
9.入力の場合、「言語バー」の「JP」と表示されているところをクリックし、
  現地語を選びます。この状態で、現地語入力が可能になります。

といったかんじ。
選べる言語がすっごくいっぱいで…びっくり。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.04

国際電話のかけ方

良かったァ。。やっとCzechAirlinesからメールが来ました。
…って言っても昨日一昨日は土日だったんだネ。。
やっと…ってほどでもないでした。。

で、CzechAirlinesにFAXした時に勉強しちゃいました。
一般電話回線、FAXから国際電話をかける時には、

マイライン、マイラインプラスに登録の場合
⇒010+国コード(国番号)+相手の電話番号
マイライン、マイラインプラスに未登録の場合
⇒○○○○+010+国コード(国番号)+相手の電話番号
(○○○○は国際電話サービス会社指定の番号)

…だってコト、ご存知デシタカ?
ちなみに、これは2001年からだそうで。
じゃァ、ついでに海外→日本バージョン!

海外旅行等で海外から日本に発信する場合には、
日本の国番号81を先頭につけて、市外局番の0を外して電話をします。
海外から日本の携帯電話への発信も、
携帯電話の先頭の0を外した番号に電話をします。
○○○○-×××-81-市外局番の先頭の0を外した電話番号
○○○○-×××-81-先頭の0を外した携帯電話番号
例:090-1**4-56**の場合
○○○○-×××-81-90-1**4-56**とする。
(○○○○はホテル等で指定の国際電話サービスの番号、
×××は国際プレフィックス(アメリカ・カナダ011、EU諸国00、
オーストラリア0011等。尚、国際プレフィックス番号は、
国毎に異なるのでホテルのガイダンスを参照の事)

だそうですッ。知らなかったな。。
こうするだけで世界中につながってしまうなんて…
電話って不思議…笑。

国コードetc.はココ参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)