« 最後の夜 | トップページ | チェコ語 »

2006.07.30

I reached Prague in missing everything

そこから寝てしまったら起きられないと思って、ずっと起きてました。
荷物を完璧には終わってなかったし、ちょうど良かったんだケド♪笑。。
友達と別れるときは、そんなに悲しくなかったよ。
なんかね、また会える気がして。
っていうか、絶対会えるもんね、同じく国だし、東京だし♪
こっちに来る前までは、札幌と東京が遠い気がしてたけど、
これだけ世界中の友達を持つと、その距離を歩けちゃうような気分。ホントね。
韓国とか近所だし♪笑。またいつか会える日が、楽しみです。
お別れの時に、手紙をもらいました。嬉しかったナ。一生の宝物がまた増えました。
さてさて、朝7時。何事もなかったかのように、マザーの前に現れたワタクシは、
当たり前、すごく疲れた様子。もちろん悲しいのもあったよ。
マザーとリビングで最後のコーヒー飲んでたら、
マザーが手紙とネックレスをプレゼントしてくれて。
なんかね、この瞬間、本当にお別れなんだ、
最後なんだってこと感じて…涙が止まりませんでした。
気づけばもう9時近くて…タクシーの運転手さんが家の前まで来た時は、
あァ、ついにってかんじで。マザーと抱き合った時はまた泣きそうになったけど、
最後が涙なのもね、だから我慢したよ。
表し切れない感謝の気持ち、どう伝えたらいいのかわかんなくて…
ただただThank youとしか言えなかった。
…今思い出しただけでも泣けてくるよ。ホント。。
タクシーの中では曝睡。運転手さん、行きの時と同じ人で、覚えててくれてて、
3
ヶ月前だって話したら、そんなに前だっけ!?ってびっくりしてた。
ホントに…時が経つのは早くて。
タクシーの中でも、色々と話してたけど途中で寝ちゃって、
目が覚めた時には、もうHeathrowでした。。
来た時を思い出すナァ。来た時よりは気持ちが落ち着いてて、
不安もさほど強くなかったんだけど…ケド…荷物預けようとしたら…
待ってよ…またオーバー。。
ちゃんと調べたはずだったのに…
来る前に体重計にのっけてきたのに…意味なし。。
結局£22も払う破目になっちゃって…予定外の出費…痛い。。
すっかり気分も↓で…でも弱気なこと言ってられないと思って頑張ってたけどね。
Czech airline
の飛行機は新しいのかな、きれいで居心地もいいかんじ。
飛行機の中ではずっと寝てたけどね。着陸する少し前に起きて、
窓からのチェコを楽しんでました。すっごく平地なの。びっくりするくらい。
あァ、ここがチェコかァってしみじみ。笑。
着陸の瞬間…聞いてしまったよ…拍手ッ!!あのうわさホントだったんだー♪って、
ちょっと嬉しくなっちゃった♪笑。
空港で荷物をとってすぐ、タクシードライバーさんを発見。
名前のプレート、お母さんの名前だったしね。笑。。
お母さんのアドレスでずっとメールしてたから、
しょうがないんだけどさ。Never mind
ドライバーさんとは英語が話せなくて、お互いにニコニコしてました。
チェコね…なんか第一印象としては、ちょっと暗いイメージ。
たぶん、天気のせいもあったんだろうけど、
思ったより落ち着いてて…へぇーってかんじ。
フラットは古いアパートの5階。Imgp1612
Imgp2118プラハの中心からは少し離れたPraha4にあって、
大きな建物も周りにはなくて、田舎を感じました。
…ちょっとモンゴルを思い出したかな。うん。
部屋に着くともうフラットメイトは来てました。
…って、あれ?2人いる…?
なんか、彼、フラットの鍵が間違っていたようで、
いったんこっちに来たみたい。話を聞いているうちに、
今晩はここに泊まるということがわかって。
それぞれの部屋にベッドが1つずつしかなかったので、
自分の部屋を今晩だけは譲って、もう1人の部屋の
ベッドサイズのソファーで寝ることに。
でもね、ホント思ったのが、こっちに来る前に
イギリスで英語やってきて良かったってコト。
フラットメイトは、24歳のドイツ人なんだけど英語がすごく上手で…
もしイギリスの3ヶ月がなかったら、
うまくやっていけなかったかなって。。うん。
フラットは、キッチンや洗濯機、トイレにお風呂と全部揃ってて、
住みやすいです。部屋のカーペットの色が気に入らないけど。。笑。。
夜はみんな早めにベットに入って。
おやすみなさい♪

|

« 最後の夜 | トップページ | チェコ語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の夜 | トップページ | チェコ語 »